インプラントの種類

インプラントの種類

インプラント治療は、症状や使う器具などによっても治療の期間や費用が変わるものです。
治療を受けようと思ったときに疑問に思うのが、インプラント本体の種類についてだと思います。
自分の口に入れるものですからね。
どんな物なのか知りたいと思います。

そこで、インプラントの種類について簡単に説明をしたいと思います。

まず現在インプラント本体に使われている材質は、純チタンかチタン合金が多いようです。
インプラントは顎の骨に埋め込みますので、骨としっかりと結合できるように、チタンが採用されているようですね。
インプラントに使われるチタンは、もちろん各種処理済みなので安心して使うことができます。

そして、インプラントの構造も少し違いが出てきます。
現在一番多く使われていると言われているのが「スクリュータイプ」です。
ネジのような形をしていて、骨に埋め込む穴が小さくて済みます。
噛む力を効率よく骨に伝えられるので、一番採用されているインプラントと言われています。

他にもシリンダータイプ・バスケットタイプ・ブレードタイプなどがあります。
インプラントの治療開始前に、どのタイプの物を使用するか、きちんと専門医と相談するといいでしょう。
どれがいい・悪いということはなく、自分の歯の状態に合わせて専門医に選んでもらいましょう!

インプラントと一言で言ってもいろいろ種類があるのですね。
自分の口に入れるものですから、この程度の知識は知っておいて損はないと思いますよ。
 

    お薦めWEBインフォメーション

  • 身体の調子によって不眠症、頭痛、急な動悸、健忘などの様々な辛い症状に見舞われることがある自律神経失調症を鍼治療での改善を考えているなら、症状が変わりやすいため毎回丁寧に体調のことをヒアリングしてくれて、その時に最も合った治療を考えてくれるので一度試してみてください。

Copyright(C) よく分かる!インプラント治療 All Rights Reserved.